カードローンとキャッシングの違い

By gunts | 2016年7月11日 | クレジットカード

キャッシングと、カードローンの間には、異なる点があるでしょうか。カードローンとは、限度額の範囲内であれば、何回でも繰り返し融資が受けられるという金融商品で、クレジットカードやキャッシュカードを使って手続きをします。お金を借りたい時、返したい時には、店頭窓口に行く以外にも、ATMやCDを利用できるので、とても便利です。返済は1度にまとめて行うのではなく、何回かに分割して行います。毎月一定金額を返済して、最終的に全額返済を終えるという方式が、最もよく採用されています。キャッシングとは、キャッシングカードや、クレジットカードに付帯している機能を使って、提携銀行のATMや、CDからお金を引き出し、小口の融資を受ける方式の金融商品です。カードローンとキャッシングでは、支払方法が異なるということです。キャッシングは、次の引き落とし日にまとめて精算をする形になりますが、カードローンは毎月支払っていきます。近年では、キャッシングの支払いに対しても、リボ払いという分割払いの方法が使えるものがあるようです。近年では、キャッシングと、カードローンとの間に、違いはなくなっている傾向があるようです。カードローンは10%くらいで融資を行っており、キャッシングは20%程度での融資を行っているという、金利面からの違いもあります。消費者金融系のキャッシングでは、利息制限法のすれすれという金融会社もあります。カードローンとキャッシングにはそれぞれ特徴があるので自分の目的に合ったものを利用すると良いでしょう。