住宅ローン控除の申告をする方法について

By gunts | 2016年7月4日 | クレジットカード

確定申告をすることによって、住宅ローンの控除を行うことができます。ただし、被雇用者は毎年確定申告をする必要はありません。最初の1年目に確定申告をすると、その後は年末調整で行えます。したことがない人から見ると、確定申告というのはとても難しいことのように感じます。試しにやってみれば、確定申告は書類を一式集めて、持っていけばそれで済みますので、意外と楽にできます。どこから手をつけていいか見当がつかないという場合は、税務署の相談窓口にに行くといいでしょう。場合によっては、聞きたいことを電話で尋ねてもいいでしょう。不明点や、書式などについて確認してみましょう。連絡先がわからないという人は、国税庁のホームページを見てみるといいでしょう。確定申告の書き方サイトや、本を利用して、情報を得るというのもいいやり方です。年末残高証明書という書類をもらっておかないと、住宅ローンの控除はできません。どのようにすれば、年末残高証明書がもらえるかは、各金融会社によって差があるといいます。民間在宅ローンの場合は、1年目に限り、確定申告に間に合うように送られてきますが、その後は年末調整に間に合うように、10月くらいになってから送られてきます。一方、住宅ローンをフラット35で借りている場合、控除のための書類発行は、ローン融資を受けるたタイミングによって違っています。