クレジットとカードローンの違い

By gunts | 2016年6月30日 | クレジットカード

現金での支払いの代わりにクレジットカードを使う人は増えており、最近では一般的なものになっています。カードローンで融資を受けて、金銭を必要としている時にあてているという方もいるようです。クレジットカードと、カードローンは、近いもののように見えて大きく違っていますが、その差はどこにあるでしょう。カードローンの特徴は、クレジットカードのように支払いの精算はできず、お金を借りられることにあります。その点、クレジットカードは、キャッシングとして使えるようにしておくことで、お金の借り入れが可能です。カードローンはローンを利用するためだけに使うカードだけあって、クレジットカードのキャッシングと比較すると、貸付条件がよくなっています。カードローンのほうがより高額の融資が受けられます。返済のやり方にも差があります。カードローンの返済が分割可能であることに対して、クレジットカードのキャッシングは、一度に全額返済が基本です。トータルで考えた場合、お金を借りたいということだけなら、カードローンでまとまった金額を借りて、分割払いをするといいでしょう。クレジットカードの本来の役割は買い物であり、キャッシングは二義的なものでしかありません。借りたお金はきんと返せるように心がけ、クレジットカードであれ、キャッシングであり、無理なく返せる範囲のみ借りましょう。持ち合わせがなくても商品が買えたり、お金が必要な時に用立てたりできますので、クレジットカードも、カードローンも、とても便利です。