クレジットの分割払いで生じる手数料や金利について

By gunts | 2016年6月24日 | クレジットカード

最近では、クレジットカードを所持することは一般的になりつつあり、日常的に使っている人もいます。いつくものクレジットカード会社がつくられており、メインのクレジットカードのほか、サブのクレジットカードを持つ人もいます。クレジットカードで決済をして、そのお金を分割で払うことになると、金利に基づく利息を加算することになります。分割払いでクレジットカードを使うと利息がつくことはよく知られていても、どうやって金額を算出するかはわからない人もいます。クレジットカードで決済を行う場合に、分割にする時は何回払いにするかを、決まった回数の中から選ぶことができます。分割払いで1回で支払うという時は、クレジットカードの一括払いと同じ形式になります。分割払いで3回以上を指定すると、金利に基づく利息がつくようになります。3回以上に分けて返済をすると、分ける回数が多くなればなるほど、手数料の金額は大きくなって、返済金額はふえるという仕組みです。分割払いにする手数料という形で、月々の返済の都度、手数料が請求されます。クレジットカードを分割払いにすると、全額の返済が終わるのが数ヶ月後になるため、それを融資扱いにして、手数料を計算します。手数料が請求されるのは、分割払いにしたクレジットカードの支払い時に、追加分として支払うことになります。クレジットカードを利用すると、月々の利用額がまとめて月ごとに請求されますが、そこに分割払いの手数料は入っています。