クレジットカードのキャッシング金利について

By gunts | 2016年6月20日 | クレジットカード

クレジットカードは、決済に使うだけでなく、現金を必要としている時にキャッシングカードとして使えるタイプのものもあります。クレジットカードでお金が借りられると聞けばとても便利な機能のように感じますが、実際は、銀行などの融資よりも高金利になっています。クレジットカードを、キャッシングに使う時には、金利が高めであることは、事前に理解しておく必要があります。多くのクレジットカードでは、12%から18%の金利に設定されています。クレジットカードによっては、キャッシングを7%の金利で使えるものもありますが、基本的には金利は高めに設定されているものです。一方で、キャッシング専用のカードローンの場合、4%から18%程度のところが多いようです。中でも、銀行系のカードローンは低金利での融資をしており、3%での融資が可能なこともあります。金利が高ければ高いほど、返済時に上乗せされる利息は高くなります。金融機関からお金を借りる時は、できるだけ低金利での融資を行っているところから借りましょう。可能なら、クレジットカードでお金を借りずに、キャッシング会社に申し込みをしましょう。特に多額の借入を希望する場合には、クレジットカードのキャッシングではなくて、カードローンの方が断然おすすめです。この頃は、ネットからのキャッシングの申し込みがやりやすくなっていますので、ネット環境があれば真夜中でも、借り入れができます。クレジットカードのキャッシングは急にお金が必要になった時には大変便利なものなので、用途によって使い分けるようにしましょう。